nofollowの内的SEO活用方法

リンクタグに 「 rel="nofollow" 」 を加えて nofollow属性でリンクする というと、
"自ブログへのスパムコメント対策" "リンク先へリンクスコアの受け渡し拒否" で使われる事が多いでしょう。

 

nofollow属性=リンクスコアのコントロール

 

<a href="リンク先URL" rel="nofollow">アンカーテキスト</a>

 

実は、それ以外にも上手な活用方法があります。


外部サイトへのリンクでは無く、
自サイトの内部リンクにnofollow属性を使って内部リンク構造の最適化=内的SEOに利用する方法です。

 

活用方法

内部リンクが多すぎるページ

 

内的SEOは内部リンクの充実が重要ですが、1ページに100個以上もリンクがあるのは不自然で、検索エンジンからの評価が下がる可能性があります。
そういったページで重要ではないページへのリンクや、重複しているリンクにnofollow属性を使用する事により、検索エンジンのクローラーへの負担を軽減する事ができます。

 

 

グローバルメニュー・サイドバー・フッターメニュー・パン屑ナビなど 、 テンプレートによっては自然に内部リンクが多くなります。
コンテンツエリアにも内部リンクが多くなっているページには、うまくnofollowを活用したいところです。

 

タグ

,

2012年8月31日

T.T@アフィリエイトで稼ぐコツ (15:49) | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://t0321.biz/mtos/mt-tb.cgi/27

コメントする




« キーワード出現率チェック ツール(無料)一覧 | ホーム

このページの先頭へ