SEOで上位表示させるキーワードを意識したリンク供給が有効

SEOで検索エンジン上位表示させるには 被リンク が 大事なのは分かってるけど、

リンク供給する時 の ポイントとかあるの??という疑問にお答えします。

 

内的SEOの タイトルは内的SEO的に重要です に 書かれている通り、

サイトタイトルの中に キーワードが入っていなければ 勝負にならないという事が

理解できているなら・・・

サイトタイトルに 上位表示させたいキーワードが含まれていますよね?

 

キーワードを含んだ アンカーテキスト(テキストリンク)で

外部サイトからリンクしてください。

その方がSEO効果が高いです。

 

当サイト『アフィリエイトで稼ぐコツ!』の場合・・・

  • ○良い例 → 「アフィリエイトで稼ぐコツ」「アフィリエイト コツ」etc
  • ×悪い例 → 「こちら」「ここ」「このサイト」

第3者が運営しているサイトからのリンク(相互リンクなど)の場合、

基本的に サイト名のアンカーテキストでリンクされるので、

サイト名にキーワードさえ入っていれば問題ないですね。

 

サテライトサイト(自分が運営する被リンク供給目的のバックリンクサイト・ブログ)は、

自分が意識してリンク供給する事ができます。

 

アンカーテキストにキーワードを入れる理由

検索エンジンは、キーワードの入っているフレーズでリンクすると、

そのキーワードで検索順位が上がる傾向があります。

 

えば、「18歳未満」とか「いいえ」と 検索窓に 入れて、検索してみると・・・

「18歳未満」「いいえ」という言葉と関連していないであろう Yahoo!JAPANが1位表示されます。

 

なぜか というと、アダルトサイトなどは トップページで、

18歳以上であるか 確認する画面になっていて、

「18歳未満」や「いいえ」を押すと・・・ Yahoo!JAPAN に 飛ぶようになってる事が多いんです。

 

要するに、そのキーワードで 多くのサイトからリンクされているから

そのキーワードで上位に表示されているという事になります。

 

関係のない言葉のアンカーテキスト(テキストリンク)では無く、

上位表示させたいキーワードを含んだ リンク供給が効果的です。

タグ

, , , ,

2011年10月18日

T.T@アフィリエイトで稼ぐコツ (03:06)

カテゴリ:外的SEO

« 被リンクが検索エンジン上位表示の鍵 | ホーム | 内部リンクを充実させる事が 検索エンジン順位向上へ »

このページの先頭へ