SEOで有利なキーワード出現頻度は●%?

検索エンジン上位表示を狙う為の内的SEO。

昔から「SEOで有利なキーワード出現頻度は●%」という説が いくつかあります。

 

キーワード出現頻度(キーワード出現率) というのは、

WEBページ内の文章で使われている「キーワード=語句・単語」毎の割合。

主に メインキーワード=検索エンジンで上位表示させたいキーワードの出現率の事を指します。

 

検索エンジンは、私達 人間と同じく 各WEBページの文字情報を読み取って、

サイトテーマ・内容を理解し、評価しています。

 

検索エンジンに上位表示される為のWEBページは

その検索ワード=テーマに沿った内容である事が絶対条件ですから、

テーマに関するキーワードが、登場回数の最も多いキーワードであった方が自然です。

 

そういった意味で、内的SEOで キーワード出現率 を 気にするサイト運営者が多く、

「何%が最適か」色々な説があるのです。

 

一般的に 多く言われているのが 「理想的なキーワード出現頻度= 5%」。

これは、SEOコンサルティングなどをしている方達の出版されている書籍などにも載っています。

 

しかし、SEOに有利なキーワード出現頻度が5% というのは 根拠のない都市伝説という意見も多数。

 

運営しているサイトを この条件通りに 最適化しても 検索エンジンの順位は 変わらない可能性が高いでしょう。

検索エンジンが そんな単純な事のみで 評価を上げてくれるとは到底思えません。

第一、誰でも知ってるテクニックなのですから、5%が正しい数字だとしても 効果は薄いと判断できます。

あくまで目安という程度に考えておきましょう。

 

また、ページ全体のキーワード数(単語の数)を増やさないまま、

メインキーワードだけを増やすと 検索エンジンにペナルティを受け

順位が下がる可能性があります。

その点は注意が必要です。

 

キーワード出現率の調整などは、

無料の ツールを使うと良いでしょう。

タグ

, , ,

2012年1月 6日

T.T@アフィリエイトで稼ぐコツ (01:09)

カテゴリ:内的SEO

関連記事

« 内部リンクを充実させる事が 検索エンジン順位向上へ | ホーム | キーワード出現率チェック ツール(無料)一覧 »

このページの先頭へ